日別アーカイブ: 2014/01/21

腹式呼吸について1

皆さんは当たり前の様に『腹式呼吸』が出来ないと歌が上手くならないと思っていませんか?

実はそうではありません。
あくまでも呼吸法なのです。
まず、双方の違いから。

『腹式呼吸』
みぞおちの少し下辺りに指を置き咳払いします。すると、ポコっとその部分が膨らみます。そこに『横隔膜』という筋肉があります。(焼き肉で言うとハラミの部分)
その横隔膜を下げて肺を縦に拡げて行う呼吸法。お腹が膨らむのは圧迫された内蔵が移動する事と筋肉のせいです。(決してお腹に空気が入ってるんじゃないですよ。お腹に空気が入っている場合は、直ちに掛かり付けの医師に相談してください。)

・腹式呼吸のメリット
横隔膜を下げる事により声の元である息を沢山摂取できます。
・腹式呼吸のデメリット
激しい動きを行いながら、特に息が切れている時には腹式呼吸は出来ません。

『胸式呼吸』
あばら骨を脹らまし行う呼吸法。ヨガで使う呼吸法(お腹がへこむ感じ)であったり、全速力で走り息が切れた時に肩で息をするのがこれであったり、だいたいの人が緊張した時に深呼吸するとこの呼吸法になります。

・胸式呼吸のメリット
激しい動きの時や息が切れている時にでも、いつでも出来る呼吸方法。浅い呼吸なので、ブレスの間隔が少ない場合、息を瞬時に少しだけでも吸える。

・胸式呼吸のデメリット
あばら骨が邪魔をして、声の元である息を沢山摂取出来ない。(鳩さんは別ですが(笑))

上記の様に双方にメリット、デメリットがあります。一番大切なのは使い分ける事なんです。というか、歌う時には呼吸法の事など考えた事もありません(^-^;

しいて言うなら、ロングトーンの時は腹式呼吸で準備。息継ぎが少なく少しだけ息が欲しいときは地味に胸式呼吸?かな。
とハテナマークが出るくらいのものです。

世界の人達が絶賛する様な素晴らしい歌唱力を持っている歌手のライブ映像を
観てください。必ず、胸が動いていたりします。その時点で、そのフレーズだけ下手くそになったりしません。

あくまでも『呼吸法』です。

ちなみに、正しくトレーニングを行えば5分以内で終わります。後は家で行えば誰でも出来ます。というか、実はトレーニングしなくても腹式呼吸は皆さんも毎日していますよ。

Vocal Space Bから投稿

リップロールについて

さぁ!今回は歌を習った事がある方は知っているリップロールについて。

リップロールは口を閉じてブルブルっと唇を振るわせながら声を出すトレーニング。

私達はリップロールの事を『声帯模写』と言っています。

正しくリップロールをすると正しく声帯も機能し、正しく発声が出来ているという事です。

当スクールでは正しいリップロールをする事により5つのメリットをお伝えしています。

1、ブレスコントロール
2、喉声じゃないか確認
3、表情筋のストレッチ
4、喉仏を下げる筋トレ
5、トレーニング中に声を傷めない

です。

では、どういう風に行うか。

ザックリ書いていきます(^-^;

1、まずは、口の中にミカンを入れてる事を想像してください。(口の中にいれたい物の想像はミカンサイズなら何でも良いですよ。お任せします(笑))
歯が少し開くくらい。(唇は閉じてます。)

☆ポイント☆
・歯が開いている。
・喉仏が下がっている。
・舌が歯の何処にも当たっていない。
※この状態は、リップロールの音を太くする事と、無駄な息が漏れない様にする様に焦点をあてます。

2、次にボールペンを上唇と鼻の間に挟んでみて下さい。そして口の形はそのままでボールペンを離します。
その後は、少し下唇を出すと、あら不思議!アヒル口になりますね(^-^)

☆ポイント☆
・唇の中心は力を入れない
・歯は閉じてないか確認
・ミカンはまだ入ってるか確認

本当にザックリ書きましたが、これで声を出さずに息を吐きます。

正しい音は、ヘリコプターみたいなバタバタと低い音がなります。

間違っている音は小刻みにバタバタとなっていたり、バタバタの音と共にサーっと息の漏れる音がなっていたり、音が詰まって聞こえます。

☆ポイント☆
・息が漏れている場合は、歯が閉じているか等をチェックしてください。
・バタバタの音が軽い場合は、口の中にミカンが入ってるかチェックしてください。
・音が詰まっている様に聞こえる場合は、舌根をチェックしてください。

リップロールをやりやすくするためのサポートについてですが、人差し指を唇両サイドの少し外側に置き。斜め下からお肉を唇に寄せる形でやってみて下さい。決して外側に引っ張る形はダメですよ。よく、唇の両サイドに指を置き外側に引っ張りながらやっている人がいますが、当スクールとは違います。

やりやすい環境については、お風呂の湯舟に使っている時。湿気とお風呂に入る事により体が解れます。表情筋も同じく解れます。
後は寝る時。仰向けになり行う事で重力というものが地球規模でリップロールをサポートしてくれます(笑)

リップロールで声を出している音を聞けば喉声か喉声じゃないかが分かります。よく、カン高い細い音でリップロールをしている方は、カン高い細い音で発声もしています。息が漏れている音の人は、森進一さんみたいな息を漏らす発声をしています(ちなみに小さい頃はよく、おふくろさんを意味も分からず歌ってました(^-^;)いい歌です)。

音が高くても太さのあるリップロールが良いです。もし音を聞いて分からない場合は喉仏をチェックしてください。低い音から高い音、どこの音を出しても、正しく発声が出来ている人は喉仏が上がったり、動きませんよ。

知識がない方にとって歌のスクールは何が正しいか分かりにくいですよね。沢山の所に体験レッスンに行き、実際の音を聞き、先生の人柄や感覚で選ぶしかありません。

しっかり見極める為のヒントになればと思い書きました(^-^)

体験レッスンで自分にとって良いのか悪いのか、よく分からない時は先生にリップロールをしてもらえば分かりますよ♪
リップロールの後ろではどういう発声をしているかがポイントです。

私も沢山の所で指導を受けました。大切なお金は大切に使いたいですもんね。

いい指導で皆さんもいい発声を身に付けましょう。

ちなみに歌は才能なんて言うのはないですよ~。正しい指導方と上手くなりたい気持ちと楽しくやれば必ず上手くなります。

私も喉声で、引くくらい下手でしたからね~(^-^)v(笑)

補足・・・当スクールでのトレーニングを載せております。他のスクール様に失礼がありましたら申し訳ありません。

image

Vocal Space Bから投稿